福岡バスフィールドレポート|糟屋郡編(柿本池)

スポンサーリンク
ビッグバナー

IMG_2885

福岡バスフィールドレポート|糟屋郡編(柿本池)

2月7日7:30頃

天気:曇りのち雪

気温:4度前後

水温:6度

水質:濁り気味

風:まあまあの風

水位:満水


あれ?おかしい?なんだか変なんです。あれ?・・・・

あれれれ・・・・・

???

大丈夫!おかしいのはバスキチでした。いつものように変態行為の好きなバスキチなのでちょっと普通のことをしてしまうとおかしいと思ってしまうんですよね~♪

さてさてそんなバスキチのアホな話はいいとして・・・久しぶりに柿本池へ行ってきました。

釣りはもちろん友人がニューロッドを購入したので試投をするために柿本池を選びました。

IMG_2883

彼はビッグベイトを始めるため・・・いやビッグベイトだけでこれからやっていくために全てのロッド、リール、ルアーを投げ売りツララのモンストロ75にたどり着きました。

このアホなほどの強い本気がバスキチとしてはとてもうれしい♪最高だね。ビッグベイトを中途半端にやって語るやつなんてクソだよクソ!初めは釣れないかもしれないけど徐々に見えてくるからね。

この本気で取り組む姿勢が大好き。応援したくなる。一途になるってのは大事ですよ。中途半端にやるから釣れないんです。見えないんです。あれもこれもやるんじゃなくジャンルを決めたのならそれしか使わないという強い気持ちを持つこと。

これってメッチャ難しいからね。ま、この話はおいといて・・・

ということでまずはジョイクロの基本的な動かし方などを教え、次にモンストロ75がどのくらいまでキャストできるかチェック。これが限界のようです。

IMG_2888

200gちょっとまでですね。バスキチ的には。10オンスくらいまでいけるかも。

投げろうと思えばもっと上も投げれます。でも操作するとなるとこれくらいが限界なのかもしれません。そこは使う人によって違うので何とも言えないところですけどね。

そんな試投会も終わり釣りを開始。

バスキチが使うルアーは上の画像のハンドメイドのみ。ということはどんなバス君を狙うのかというと・・・フィーディングのバス。

ではなく一等地で涼しげな顔で居座ってるデカバス君です。どんな奴にもその場所を譲らない強さ持っていることが条件です。

ということでブレイクがらみの角。知ってる人はすぐにわかると思います。そうそう上の池ですよ。

絶対に居座ってると思ってたんですが不発でした。

次に向かうは・・・そう思っていると先輩がそこじゃないよこっちって教えてくれたんでそっちの方へ向かうことに。先輩ってサギ先輩のことですよ。鳥は重要ですからね。見落とさないように。

そんな先輩の指示のもと森の方へ行くも反応を得ることができず撃沈。でも先輩の指示は間違ってなかった。突如降り出したミゾレそのあとの雪を木がカバーしてくれて濡れることも手が凍えることもほぼなく釣ることができました。

『ありがと~サギせんぱ~い♪』

さて寒くなればなるほどデカバス君が釣れる理由がバスキチの中でアップします。この理由は・・・また次回に。

寒くてもバスキチのような変態的な方が数人いました。この状態を見ても柿本池の人気の高さが分ります。ハイシーズンはどうなることやら・・・

そんなこんなで撃沈してしまった柿本池を後にしハニスポへまっしぐら。

※ 柿本池でお会いできた皆様、いろいろとお話ができて楽しかったです。またお会いできたらいいなぁ~と思ってます。ありがとうございました。

ハニスポ in

IMG_2887

とりあえず撮ってみました~♪ 他にもアホみたいにデカイ630gだったかなコイのスイムベイトがあったりクリムゾンなんとかの38センチで380g?と投げやすい重さで4万円くらいのやつがあったりと楽しんで帰りました。

ちなみにバスキチはスーパージャイアントベイト用にボンバダのスプリットリングを購入しました。

いや~ハニスポは時間を忘れる大人の遊び場ですね。行ったことのない方は一度は行った方がいいですよ。大金を用意して行くか買う気がないならお金は持って行かないことですよ~♪

ということで本日も長々と書いてしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。デッカイバス君がバクバクあなたのルアーを食ってきますように・・・

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

それではデカバスを仕留めてくださいね~♪

ではまた~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存