福岡市バスフィールドレポート|城南区編(西の堤池part13)

スポンサーリンク
ビッグバナー

150418西の堤池1

福岡市バスフィールドレポート|城南区編(西の堤池part13)

4月18日5:30頃

天気:晴れ

気温:23度前後

水温:18度前後(触った感覚で)

水質:ステイン+一部濁り+ターン?

風:微風

水位:通常よりもマイナス10センチ


今日は朝から張り切って釣りをすることに・・・しか~し残念なことに風がまったく吹いていない!!オージーザス。でもでも負けないよ!ということでジョイクロをキャスト・・・ハンドルをクルクルいい感じブレイクに差し掛かってドッカーンと食ってくるイメージしていたらブレイクに差し掛かって「ガツン!」根がかり。しかも1投目。

入水?1投目でポイントを潰す?と悩んだけど何とかして回収できないかと移動しながらロッドを煽っていると奇跡的にはずれ無事ポイントを荒らさずに回収成功。その後2時間近くジョイクロを投げ倒したけど反応を得られずバイブレーションに。

そうそうこの2時間の間に何度か根がかりしすでに入水済み。しかも長靴の中まで入水でグッチョグチョに。

150418西の堤池2

さてバイブレーションに変えてから時計回りにバスキチ的ハンドルスピード普通でブレイクやその下のブレイクを入水してチェックしていると・・・画像の対岸アシ前ブレイクの下のブレイクで本日初のアタリ&キャッチ。サイズ的には西堤のアベレージサイズ。狙っているバス君とは全然違う。でも会いに来てくれたことに感謝ですね。

バスキチ的に狙っているのはアフターから回復したエサを求めているデカバス。またはプリのエサを求めているデカバス。

この2種類のバスとの出会いを求めて巻き続けましたが出会えることなく時間はあっという間に夕方に。この間に rikia君や yuuji君がいいバスを釣り上げてましたね。さすがに上手いっす♪おめでと~♪

なんだかんだとアベレージ1匹で終了した1日でしたが1つ気が付いたことは「アングラーが多い」ということ。西堤の池の規模に対してあの人数はまあまあの数でしたね。土曜で天気も良かったから釣りでも行こうか。ということになったのかもしれない。

でも、あれだけの人数がいるのにラインゴミが減らないんだよね。ほんと不思議だね?あ!忘れてた。odaken ありがとう。彼はもう一人の友達と僕がゴミを入れてた袋を持って1周ゴミ拾いをしてくれました。戻ってきたときには袋がパンパンに。ほんと感謝、感謝です。

人間にとってはたかがゴミ、たかがライン。かもしれないけど動物たちにとってはそれが脅威になるんだよ。ラインが絡まれば「死」を意味するんだからね。だから持ち帰ろう。

バス君が駆除されるのを文句言ってる奴がゴミを捨ててたら本末転倒だから。そんな奴は釣りするなよ。だってバスはダメで他の動物が死んでも平気っておかしいじゃん。もっと真剣にバスフィッシングいや釣りというものを考えて楽しんで欲しいものです・・・

さて本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。バス君と楽しいひとときを過ごせますように・・・

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

にしつつの50アップは俺が1番に釣ったるで~♪お楽しみに。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存