冬の極寒だからこそサスペンドルアー| バスをキャッチしたい方へ

スポンサーリンク
ビッグバナー

IMG_0147

冬の極寒の中でのサスペンドルアー

バイブレーションに続き冬でしかも極寒とくればサスペンドプラグは絶対に外せないルアーの1つですね。僕の場合はバイブレーションとサスペンドプラグだけは必ずフィールドへ持って行きます。使う場面としてはバイブレーションを巻いたりリフト&フォールをしたりとあらゆることをやった後に登場します。

バイブレーションのサーチ能力で地形を把握したり魚の生命感を感じた場所などにサスペンドルアーを投入しています。

サスペンドルアーの種類

  • ミノー系
  • シャッド系
  • バイブレーション系
  • クランク系

このように種類が豊富ですがメインとして使うのはミノー系とシャッド系を使っています。使い分けとしては水深とバスの深度によって分けています。

サスペンドルアーの使い方

  • ジャーク
  • トゥイッチ
  • リーリング
  • ポンプリトリーブ

冬の極寒ということもあって水温も低いと思いますがバスの状況を考えた使い方をすると、軽いトゥイッチとポンプリトリーブがメインとなります。どちらの使い方でも大事なのがストップ&ゴーです。数回のトゥイッチ後必ずストップさせる。ポンプリトリーブ後必ずストップさせる。スットップを入れないと釣果は激減しますよ。


使えば使うほどうまくなるし楽しいサスペンドルアー。しっかりサスペンドさせるためにもフィールドでの調整を忘れちゃダメですよ。水温やラインの重さによって浮いたり沈んだりしますのでスプリットリングや板おもり、フックなどでしっかりと止まるように調整しましょう。

IMG_0138

冬の極寒でサスペンドルアーにヒットする奴はデカイですよ~ヽ(^o^)丿

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存