福岡市バスフィールドレポート|某野池36

スポンサーリンク
ビッグバナー

150310第三6

福岡市バスフィールドレポート|某野池36

3月10日17:00頃

天気:曇り

気温:6度前後

水温:9度前後(手の感覚で)

水質:水質はステイン状態、白濁り

風:やや強い

水位:3月9日よりも5センチ以上アップ


今日は急激に冷え込んだせいで水が白く濁っていました。それによりバス君たちもどこに行ってるかわからなくなりましたね。時間的に対岸での釣りは厳しいので堰堤側からとなりますが水温の上昇を考えると対岸なんですよね~

ま堰堤側で何とかやらないといけませんので考え出したのが「シャローには出ていない」という選択をしました。深さにして2メートルを基準に狙うことに。というか実は家で作戦を練ってました・・・

150310shad

急激な気温の低下によって水温も下がってるだろう。それによってバス君たちも動きが鈍くなってるのでは?という考えのもと「シャッド」を選択しました。ですがどれにするか迷いに迷ってる最中の画像です。水質はどうだろうか?ボトムまで届くだろうか?など考えタックルも通常のスピニングリールではなくワンランク大きいものを使い、ラインはPEにフロロ4lb のリーダーで遠投使用にしました。

話がそれちゃいましたが今回僕が狙うポイントは「一時的に身を寄せ合うことができる場所」

IMG_0527 IMG_0528

IMG_0525IMG_0469

ということでこのような場所を選択しました。石やブレイクに休憩してるであろうバス君に出会うために徹底的にシャッドを巻き倒す作戦に・・・1時間以上巻き倒したんですが反応を得ることはできませんでした。間違いなくいるはずですのでバス君が動けなかったということにしときますね。

この画像をもとにあなたも攻め方を考えてバス君と出会ってくださいね。


それでは本日も状況変化を確認したいと思います。

150309第三10

↑3月9日 ↓3月10日

150310第三8

堰堤を昨日の画像と比べながら見てもらうと水が増えたことが分かりますね。

150309第三9

↑3月9日 ↓3月10日

150310第三7

陸地の中央左側が水没してますね。

150309第三2

↑3月9日 ↓3月10日

 150310第三6

見た目的にはほぼ変わりませんが水が白く濁ってます。

150309第三7

↑3月9日 ↓3月10日

150310第三5

水位の上昇は感じられませんね。

150309第三5

↑3月9日 ↓3月10日

150310第三3

150310第三2

多少増えてますがそれほど感じれませんね。


本日が強く気温も低いという真冬並みの釣りをしている状況でしたが、水温は9度前後(手の感覚)であったのでバス君は動けたんではないのかなぁ~と思われるんですけどね。まだまだバス君の動きを読み切れてませんので、もっともっと修行に励みたいと思います。減水していた時の画像をもとに作戦を組み立ててくださいね。

それでは本日も長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。あなたのロッドをデカバスで曲げれますように

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

1時間しかなくても釣りに行きますよ~♪

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存