福岡市バスフィールドレポート|南区編(箱池part6)

スポンサーリンク
ビッグバナー

150305箱池

福岡市バスフィールドレポート|南区編(箱池part6)

3月5日17:00頃

天気:晴れ

気温:10度前後

水温:9度前後(手の感覚で)

水質:ステイン

風:微風だけど冷たい

水位:満水状態


平日なのにヘラ師の方が3人いましたので、まずはご挨拶から入り釣り話で盛り上がりつつ今日の状況を聞いたりといろいろと聞き出すことに成功♪

左のおじさんは黙々とヘラを釣っていましたが一番うまい感じでしたね。でも、見てたら「今!」というウキの沈むタイミングよりワンテンポ遅く合わせてたんですよね。やはり年齢には勝てないのでしょうか・・・僕の「今!」とおじさんの「今!」にコンマ何秒かの差が。それとも何かしらの食わせのタイミングがあるのかもしれませんね。

ヘラ釣りをやったことのない僕が語るなって話なんですけどね。

さて、何をどうやってもバス君からの反応を得ることができません。なぜでしょうか?ポイント選びが間違ってるのかもしれませんが確実にスポーニングに絡む場所の上り口やその上などをチェックしてるんですけどね。まったく手応えがありません。

1か所鳥たちに餌をやってる場所があるんですがそのあたりがメチャメチャ怪しいんですよね。フィーディングスポットとしては最高の場所だと思われます。なぜなら、鳥たちが食い損ねたパンをコイが狙ってるんですよ。ということは他の魚もいる可能性が高いからです。

ですが、無反応なんですよ。無反応。

この池で久しぶりにダウンショットをやってプリを狙ってみましたが反応なし。せめてギルのアタリでもあれば粘れるんですがアタリすらナシ。

ちょっと視点を変え作戦を変えバス君の動きをもう一度考え直したいと思います。視点が1点に集中しすぎてる感がありますので自然から読み取りたいと思います。

本当ならこの池で釣らずに別の池で釣ればいいんですけどね。でもこの池のバス君を見たいのでもう少し本格的にやってみたいと思います。必ず箱池バスをお見せしますので。大きさは気にしないでくださいね。できればプリバスがいいんですけどね。

最後まで読んで頂き感謝してま~す♪でっかいでっかいプリバスがあなたに会いに来ますように

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

それでは、作戦を練り直したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存