福岡バスフィールドレポート|糟屋郡編(駕与丁公園)

スポンサーリンク
ビッグバナー

img_2650.jpeg福岡バスフィールドレポート|糟屋郡編(駕与丁公園)

6月5日9:30頃

天気:曇り

気温:20度前後

水温:???

水質:濁ってた

風:まあまあの風

水位:満水(トップ画像は減水時のものです昨日は撮り忘れました)


ふぅ~♪ またまた久しぶりの更新となってしまった・・・(反省)

さて最近釣りに出かける頻度がかなり減り週に1回程度。バスキチが悪いんですが体調管理ができていなかったんで風邪ひいたり気分が悪くなったりとなんだかなぁ~

そんな感じなんで週末だけちょっくら行ってきました。先週の日曜はここに行ってきました。

IMG_3266

分かる人には分かる有名どころ。ここで釣りをしていると半年ぶりに師匠・・・というと怒られるので友人と出会うことができました。いろいろお話をしいいものを目の前で見せて頂き楽しいひと時を過ごすことができました~(^^♪

IMG_3267

これを見せて頂いたんですよ。この釣りも狙って釣るとハマるし楽しめる釣りですね。教えて頂きありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしてますね~(^O^)/

さてさて昨日は久しぶりに駕与丁公園がどうなっているのか見に行ってみようと車をかっ飛ばし朝9時過ぎに到着・・・?

なんか見たことある人?でも先におしっこ。

おしっこを終えアンドレをつなぎ用意完了。いざ出撃?

???

???

トイレから見たことがある人が出てきた・・・?

よく見るとなんと!!まるりんさん。ご存知の方も多いと思いますがプラドコルアーの良さをおっさん世代だけでなく若い世代にエロとおやじギャグを織り交ぜて紹介している方です。

まるりんさんの動画 → こちら

一部紹介しますね。

↑ この方がまるりんさんです。

まるりんさんにお声をかけ握手をしてもらいお話をすることに。バスキチのことを知ってる方は分かると思いますが意気投合すると会話が止まりません。ということでまるりんさんとバスキチの考えがほぼほぼ近かったので会話が弾んで弾んで2時間近くお話をしてしまいました。

なぜまるりんさんが駕与丁公園に来ていたかというと・・・ヒロ内藤さん関連のおかっぱり大会を開催していたのでアメリカンバスプロショップのスタッフとして来てたんだと思います。詳しくは聞いてませんが・・・

まるりんさんとお話をしているとヒロ内藤さんが登場・・・お話をしようかと思いましたが他の方とお話をしていましたのでバスキチは軽く釣りを開始。ちなみにバスキチはおかっぱり大会には参加していません。

数分後ウエイン開始となったためバスキチは取水塔が3つある堰堤をウルトラベイトで釣り歩くことに・・・

状況的に駕与丁のバスは大会で釣ってきた方のバスを見させて頂いた感じでは6月5日の段階で『 アフター激ヤセ 』という感じでした。

濁りもひどく冷たい雨の影響で表水温も下がりベイトも見えず見えるのはコイだけ。大会参加者もあまり釣れていなかったようです。全員のウエイン見てないので分かりませんが・・・

でもアフターは間違いないようです。

それでもアフターから回復した元気なバスだけを取りに堰堤沿いを往復。ベイトとして見せる釣りではなく波動での釣りをやり通しましたが結果は Noーーーー!を叩き付けられました~♪

まだ早かったかな?

でも納得のいく内容でした。

戻ったときに丁度ウエインが終わってるころだろうと思い戻ってみると・・・誰もいない。まるりんさんもヒロ内藤さんもいない。ヒロ内藤さんとお話をしたかっただけに残念。まるりんさんにお礼もしたかったのに・・・

こんな感じで駕与丁楽しんできました。

それでは駕与丁の状況をまとめますね。

  • 満水
  • 濁っている
  • バスはアフターで痩せている
  • 流れの弱いところで回復している

6月5日はこのような感じでした。

いや~ ホントびっくりでしたね。まるりんさんに会えお話しできヒロ内藤さんにもお会いできるなんて嬉しい限りです。たまたま駕与丁に行っただけなのにほんとついてました(^O^)/

まるりんさんがバスキチのブログを見てるか分かりませんがこの場を借りて・・・

『 まるりんさん色々とありがとうございました。またお会いできることを楽しみにしております。』

長々と楽しかったことを書いてしまいましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。あなたの釣りがもっともっと楽しくなりますように・・・

『 すべての良きことが雪崩のごとく起きます 』

それではまた~

こんなのを投げていたらバスキチですのでお気軽にお声をかけて下さいね~(^_-)-☆img_2978-1.jpg

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存