ディープクランクはシャローで使っちゃダメ?

スポンサーリンク
ビッグバナー

150305ディープクランク

ディープクランクはシャローで使っちゃダメ?

ディープクランクと聞くとディープで使うもんでしょ。と思うのが普通ですよね。3~5m(もっと潜るものもありますが)を狙うために使いディープに落ちているバス君を釣り上げる。そんなルアーですよね。

オカッパリだとなおさら使う機会なんて「あるわけないじゃん」といった感じだと思います。あなたもそう思ってませんか?それじゃ~このルアーはどうでしょう

150304クランク

ラパラのDT6ですが6フィート(1.8m)潜るルアーです。これだとシャローをチェックできますよね。1.8m まで潜るのでオカッパリでも全開で使うことができます。でも、1.8m に到達させるためには速く巻かないと到達しないんです。スローに巻くと1.8m より浅くなってしまいます。

バス君が速いスピードに追い付けない時にこのルアーでは「ダメ!」ということになんです。他の潜行深度1.8m のルアーも同じです。ではスローに1.8m のボトムをチェックするにはどうすしたらいいのか?というと・・・

確実に1.8m のボトムをチェックできるディープクランクの出番となるんです。スローに誘えデカバス君と出会える可能性がアップしますよ。

このことが分かると「ディープクランクはシャローで使えない」という考えはなくなりますよね。反対にシャローで使えるルアーだということです。だから1つは持っておいた方がいいですよ。

最後にルアーの潜行深度が狙う水深という固定概念は外してくださいね。頭がカタイとルアーの持つオマケがなくなるばかりかバス君のアタリもなくなりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存