福岡市バスフィールドレポート|城南区編(西の堤池part6)

スポンサーリンク
ビッグバナー

150406西の堤池1

福岡市バスフィールドレポート|城南区編(西の堤池part6)

4月6日6:00頃

天気:雨(土砂降り)

気温:15度前後

水温:16度前後(入った感覚で)

水質:ステイン状態

風:まあまあ

水位:通常状態から降り出した雨によって徐々に上昇


アホのようにまた朝からやってきましたが・・・土砂降りっす♪それがたまらなくいいんですけどね。ワクワクして。昨日、迅帝さんが朝から来るということで早めの出勤をしてみました。

状況的には昨日の朝とは全く変わりコイやフナののっこみはなく静かな静かな感じです。ただ違うのは土砂降りしているということ。この雨がバス君たちにとってプラスに働くのかマイナスに働くのかは分りませんが、とりあえず朝一ジョイクロチェックです。

何事もなくスルーされたので昨日反応の良かった「バズジェット」でチェックするも反応ナシ・・・その後もバス君からの反応を得ることができず1時間ほど経った時に迅帝さんと合流。一緒に半周ほど回って感じたことは「雨が冷たい」ということ。

この冷たい雨によって水温が昨日よりも下がり活性が下がったのでは?と考えてジョイクロを少し深めを泳がせることに。すると・・・

150406西の堤池2

マンガでよくある長靴ではなく靴下が釣れちゃいました。「グゥ~ン」と重くなったんでキタッ!と思ったんですけどね。その後もアタリらしきアタリを得ることができず移動を繰り返しながら城南市民センター下へ到着。

ここでもブレイク沿いや深い側では反応を得ることができなかったのでバイブレーションに替え沖に遠投し浮いてそうなバス君をチェックすることに・・・キャストして0.5秒ほど沈めてから早巻きすると・・・

150406西の堤池3

なんと浮いていたのはヘラ君でした。「早く取ってくれよ~」という目で見ているのでフックをはずして、そっとリリースしました。バス君はどこに行ったんでしょうね~ とそうこう考えているとお兄ちゃん2人が登場。

1人はランガンタイプ。もう1人はとりあえず1匹タイプ。両極端ではありますがどちらのタイプも僕は好きですね。僕自身が両方やりますので。まずは遠くのポイントでとりあえず1匹の子が2本釣ってました。さすがにとりあえず1匹タイプですね。確実に釣るところがスゴイっす♪

でもランガンタイプの子も負けてませんよ。ほぼ1つのルアーで1周し次の周は違うルアーと数周してました。このランガンはおっさんにはできない凄さがあります。若いってスゴイっす♪

さて僕の方はというと・・・ただ今まったりとしていましたがフィーディング回遊タイプを待つ釣りに切り替え、お兄ちゃんたちに負けないようにブレイク沿いをスピンムーブシャッドでチェックすることに・・・

150406西の堤池4

  • エバーグリーン スピンムーブシャッド
  • イマカツレモン

君じゃないんだけど・・・でも釣れたからありがとう。きっと次は大きくなってまた会いに来てくれると信じリリース。このサイズが昨日から反応がいいんですよね。しかもブレイクに溜まってる感じ。ということは少し離れた何かにでっかいバス君がいるはずなんだけどと思いキャストを続けるも出会うことができず。残念。

それから数時間後、迅帝さんが帰路についたので僕も数時間後帰ることに。寒さに震える体を抑えることができなくなったので・・・

今日も楽しい楽しい西の堤池でした。さて次回からは釣りよりもチェックをメインにやっていこうと思います。地形が分かればバス君の動きをイメージでき攻め方が分かりますからね。頑張ってチェックしまくろっと。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。ちょっと寒さが戻ってきましたが春バス君は元気に泳ぎ回ってあなたに会いたがってます。そんな元気なバス君といち早く会えますように・・・

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

西の堤池で変なことしてる人がいたら多分僕ですのでお声をかけてくださいね~♪

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存