大野城市バスフィールドレポート|牛頸ダム編 part 1

スポンサーリンク
ビッグバナー

150927牛頸ダム6

大野城市バスフィールドレポート|牛頸ダム編 part 1

9月27日:13:30頃

天気:晴れ

気温:29度前後?

水温:?

水質:ステイン&濁り

風:ふつう

水位:満水


あっついあっつい日曜日の真昼間に5年ぶり?最後行ったのがいつだったか忘れたけど牛頸ダムへ行ってきました。

まずはダムサイトへ下っていくと堰堤沿いに1人のアングラーが。どういった釣り方をしてるのかは遠くて確認できませんでしたがバスキチはもちろんビッグベイト。

ダムサイト側は水質もキレイで流れもあり、しかも風があたっているということで堰堤沿いではなくダムサイトの岩場がよさそうな感じでした。

150927牛頸ダム5

いい感じでしょ。風もほどよく吹いて。

ですがな~んにも反応してくれませんでした。ということで小さい方の流れ込みに移動・・・

草が生い茂る斜面を下りながらハゼの木をよけ下につくとアングラーの方が数名。流れ込みの方には人がいなかったのでそちらを狙うことに。

水質、流れは申し分なし。ターンもしていない様子。ベイトもちらほらと反応しているということでこれまた期待。しかしまたしてもな~んにもなし。

ということでまた移動。

今度は球状横のワンドに移動。しか~し駐車場にたくさんの車。ということはアングラーが多いということで憩いの場のメインの流れ込みに移動。

150927牛頸ダム3

流れがあるけど濁りが。しかもターンしている様子。

釣る気が失せてしまったバスキチでしたが、とりあえず数投して対岸へ移動。

150927牛頸ダム4

画像ではちょっと分りにくいかもしれませんが濁りがひどかった。こっちの画像の方が分るかな。

150927牛頸ダム1

濁り+泡・・・ターンしている感じ。ということでやる気をなくしたバスキチは牛頸ダムをあきらめフィールドチェンジしました。

う~ん久しぶりだっただけに残念。


5年ぶりの牛頸ダムはほんと暑くて暑くて大変でしたが1時間ちょっとだけ頑張ってみました。

全体的にはターンしている場所もあればキレイな場所も混在している。ということで小さな流れ込みとダムサイトにデカいのが回ってきそうな匂いがプンプンしていました。

このどちらかをベイトに合わせた釣り方をしていくとデカバス君に出会えそうでしたよ♪

バスキチは早々に退散しましたけどね~♪

それとラインゴミが増えてましたよ~アングラーの方は捨てないでね~

もう一つ惜しいお話。そこまでしたのならポケットに入れるだけ。というラインの捨て方をしてました。長いラインを切ってクルクルにキレイに巻いて捨ててました。しかも2つ。

実に惜しい。ポッケに入れるかバックに入れるかで完璧だったのに・・・そんなこともありました。

はい。本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。あなたの思い通りにデカバス君が釣れるように・・・

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

それではまた~

PS:リベンジに行かないとね♪

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存