福岡バスフィールドレポート|糟屋郡編(久原ダム)

スポンサーリンク
ビッグバナー

150611久原ダム4

福岡バスフィールドレポート|糟屋郡編(久原ダム)

6月11:17:00頃

天気:曇り&雨

気温:26度前後

水温:24度前後(触った感覚で)

水質:クリアでしたが前日の雨によって濁ってるところも

風:そよ風程度

水位:満水?


数年前に仕事が休みの日によく通ってたダムです。大きさ的にはそれほど大きなダムではありませんが、このダムは水質のクリアさにおいては福岡県でピカイチではないでしょうか。そういうこともあって通い続けていたというところかな。

そんな久原ダムですが、最近、迅帝さんが通っているらしく「釣れる!」ということで一緒に行くことに。ほんと何年振りだろう・・・5~6年ぶりかなぁ~

まずは堰堤のところ。超クリアで堰堤沿いは丸見え。ということはバスからも丸見えということですね。だから自分の存在がバレないようにロングキャストで狙うことに。

いつものビッグベイト、サイレントキラーをキャスト。ロッドがテムジン ガゼルということもあってサイレントキラーの重さに負けて遠投できず・・・気にせずにチェックするも反応なし。次はトップにチェンジ。堰堤の切れ間に生えているであろうウィードの上を狙うイメージで探るも反応なし。

という感じに上から順にクランクまで投入したけど反応を得ることができませんでした。

150611久原ダム5

この場所はあきらめ別なる場所へ移動。

堰堤からすぐのワンドを軽くチェック。迅帝さんに聞いたところ右はウィードジャングルでよくない。ということでしたので躊躇せずにワームをキャスト。思った通りでした。バスは低気圧で浮いてるだろうなぁ~と思っていたら彼が来てくれました。

150611久原ダム2

サイズ的には大きくはありませんが数年ぶりの久原ダムのバスでしたのでうれしかったですね。

ロッド:テムジン・エアリアルHP(初期)

リール:TD-X2506C

ライン:メインPE0.6号(デュエル)リーダーフロロ5lb(サンライン)

ルアー:あれ?何のワームを使ってた忘れてしまいました。スミマセン。

低気圧のときはバスは浮くと覚えておいてくださいね。

そしてリリース後すぐに迅帝さんおすすめの場所へ移動・・・

移動した場所はフラットからブレイクに変化する場所で、そのブレイクの下にウィードが生えているメッチャおいしいポイントです。しかも流れ込みからの水が当たる場所でもあります。

久原ダムの中では1級ポイントと言ってもいいかもしれませんね。

ということでウィードの上をチェックするも反応なし。前日このポイントで迅帝さんが40アップをドライブスティックのノーシンカー リフト&フォールにてキャッチしているとのことでしたが、前日との違いを聞いてみると、流れが強いということでした。もちろん天気も違いますが。

ということは・・・バスキチ的に考えると「ノーシンカー リフト&フォール 流れ」から見えてくるのは、釣れたバスはアフター回復中だったのではないのかな?と思います。

だから強くなった流れを嫌がり気圧の低い浮いて釣れそうなポイントでも反応をしないのではないのかな。流れが強いと耐えれないのかもしれませんね。それだけの体力がまだないと判断する方がいいかもしれません。

そうなれば流れがほどよい場所になりますよね。ウィードの中?沖?

ロングキャストしても思った沖へは届きませんのでウィードの中を探ることにしましたが反応を得ることはできませんでした。その代りと言っちゃなんですがフラットからのブレイクとウィードの隙間をバイブレーションで探るとこんな感じでした。

150611久原ダム1

狙ってるサイズとは違うんですよね。回復したバスが出てくるのかと思ってバイブレーションを使ってみましたが、まったく関係のないバス君でした。

ロッド:テムジン・ガゼル(初期)

リール:カルカッタDC(04製)

ライン:マシンガンキャスト18lb

ルアー:ラトリンジェッター(初期)

そうこうしてると、あっという間に日が暮れ辺りが薄暗くなったので終了することに。

久原ダムは僕のフィネスな釣りを開花させたフィールドでもあり愛するフィールでもあります。ほんと数時間でしたが楽しい釣りができました。一度行くと水のきれいさに驚くと思いますよ。

あ!そうそう久原ダムで釣りをするときはライフジャケットの着用をお願いします。足場のいいところばかりではありませんし、落ちたらすり鉢状となってますので一気に数メーターというところもあり足が届きません。ですのでライフジャケットを付けて釣りをして下さい。落ちて後悔しても遅いですからね。

それともう1つ。暗くなると自然界の動物が出没します。この日暗い中をダム沿いに車を走らせながら帰っているとワンドを曲がりきる前に猛スピードのデッカイデッカイ鹿と遭遇しました。5秒ほど早く進んでいたら正面衝突でしたよ。ホントビックリしました。動物にはホント注意してくださいね。

それでは本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。狙った釣り方でデカバス君に出会えますように・・・

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

では、楽しい釣りをやりましょう♪

迅帝さんありがとうございました。またよろしくお願いしま~す♪

本日の釣ったヒント

  1. 低気圧
  2. ウィード
  3. 浮いてる

タックル紹介

(ベイトタックル)

ロッド:テムジン・ガゼル(初期)

リール:カルカッタDC(04製)

ライン:マシンガンキャスト18lb

ルアー:ラトリンジェッター(初期)

(スピニングタックル)

ロッド:テムジン・エアリアルHP(初期)

リール:TD-X2506C

ライン:メインPE0.6号(デュエル)リーダーフロロ5lb(サンライン)

ルアー:あれ?何のワームを使ってた忘れてしまいました。スミマセン。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存