大野城市バスフィールドレポート|三兼池編 part 16

スポンサーリンク
ビッグバナー

大野城市バスフィールドレポート|三兼池編 part 16

1月20日 7:00頃~12:00

天気:雪

気温:2度くらいかなぁ~

水温:触ってないよ~

水質:クリアなところと白濁りのところが・・・

風:普通の風

水位:満水


は~い。今年も昨年以上に変態なバスキチで~す♪いや~日曜日は寒かったね~雪が降るんだもんね。ま雪が降ってもバスキチには関係ないから釣りに行くんですけどね(ΦωΦ)フフフ…

そんな感じで今年初の三兼池へジャークベイターさんと一緒に行ってきました~

そして三兼池で良く釣る上手なメタルバイブ使い?いや夜のバイブの使い手だったかな・・・?怒られそうなのでこの辺にしてその方と三人で釣ることに。

三兼池の状況は雪景色に変わっていただけであとは冬の釣りをするだけ。

右2本のロッドがバスキチので左2本がジャークベイターさんのです。バスキチが使ったルアーが画像の右から二番目のロッドに付いてるジャイアントベイト。これのみ。アンドレはテストルアーのスイムテストのために使用。

冬の釣り・・・なのにジャイアントベイト。

アホでしょ。

いいんですアホですから。しかも変態ですから手が付けられない。ふふふ。

バスキチと会うと変態が移る危険性があるため注意して下さいね~(≧▽≦)

そんなのはいいとしてこんなに雪が降ってるのになぜジャイアントベイトなの?メタルバイブじゃないの?って思いますよね?

いいんです。ドデカいバスを釣るためです。40UPには悪いですが狙ってません。一ヶ所一投で仕留める釣りをやってます。

メタルバイブを遠投しこたつに入ったような動けないバスを延々と狙ってもいつ口を使うか分からないし自分自身が寒さに凍えてやられちゃうかもしれませんからね~

だからジャイアントベイトを使ってるんです。だってさっきも書いたように一ヶ所一投だからキャストして釣れなければすぐ移動。寒さなんてみじんも感じないし反対に汗ばんじゃいますよ~♪

ま、この釣りは変態いやド変態の釣り方なのでマネしないようにね。心が折れるから~

ではバスキチが三兼池をメタルバイブで狙うとしたら・・・

ブレイクとブレイク下の平らなところ3メートルくらいを重点的に狙います。遠投するなら橋げたと噴水のところだけですね。

なぜブレイクとブレイク下なのかというとフィーディングに入っていればブレイクに差してくるしその上まで行くこともあります。

ブレイク下の平らなところは待機してる感じです。人間に例えるならコンビニの駐車場で暖房のきいた車に乗ってる感じですね。

こたつバスよりもはるかに口を使う可能性が高いのでこっちを効率よく狙っていきます。あとはボトムなのかサスペンドなのかも考慮してステイ時間を変えていきます。

もちろんレンジとスピードは基本ですよ。

簡単ですがこんな感じでブレイクとブレイク下の平らなところを狙っていきます。ほかの池でもこんな感じで狙いますけどね。参考になるかなぁ~?

はい。というわけで本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。寒さに負けず釣りに行くあなたへどデカいバスが釣れますように・・・

『 全ての良きことが雪崩のごとく起きます 』

それではまた~♪

PS:お会いできた皆様ありがとうございました。またお会いできることを楽しみにしてます。下手くそなバスキチですがよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存