福岡市バスフィールドレポート|某野池45

スポンサーリンク
ビッグバナー

IMG_1257

福岡市バスフィールドレポート|某野池45

3月23日17:00頃

天気:晴れ

気温:13度前後

水温:14度前後(手の感覚で)

水質:ステイン状態

風:微風

水位:3月22日と変わらず


今日は晴れてるけど風が冷たく堰堤沿いには木屑や枝が寄せられています。さて池の状態ですが階段左全体(対岸も)を釣りながら目でチェックしましたが確認できるところまでバス君は上がってきていませんでした。水温は前日よりも下がってるかもしれませんが動けないことはないと思いますので人的プレッシャーなのか晴れてるせいなのかは分りません。1つ考えられるのは風が冷たいということ。ま、大した影響はないと思いますけどね。

さて本日はダウンショットで丁寧に探ってみました。というか昨日からつけっぱなしでリグるのが面倒ということと人的プレッシャーが掛かってるということでそのままダウンショットで釣っていきました。狙う水深は1m~2mでフィーディングバス君を狙いました。

まずは浮きごみの下をチェックするけど反応なし。砂利の沈んでるところを切り刻んで探るもギル君のみの反応。一番プレッシャーのかかってるオーバーハング下も無反応。ここまでやって考えられることは堰堤側には寄ってきていないということ。となると対岸の砂地が怪しい?日が傾きだしたけどヤブコギするか悩んだ末いっちゃいました。

移動中木の間からオーバーハング下を目視してみましたがバス君を見ることはできませんでした。もちろんチェックのため投げてみましたが無反応。

対岸到着したんですが水位の上昇により陸地が減ってます。角は何とか投げれるんですが反応は得られません。岩場が続くポイント手前に投げたいんですがヤブの中からは投げれませんので木に乗って投げちゃいました。足を滑らせたらドボン!なんですけどね。

投げた結果・・・

IMG_1273

IMG_1274

  • ZBC ミートヘッド
  • ウォーターメロンシード

一撃でした♪35センチの元気なバス君でした。

水深1.5m位のところに木の上から投げフォール中にバックリです。完全にフィーディングのバス君でしたね。なぜこのタイミングで釣ったのかというと、風の向きがが対岸方面へ変わったんです。だから良かったんだと思います。何気なく釣りをしてると気が付かないものですが意識して釣っていると風の向きが変わったことでチャンスととらえることができます。自然はいろいろなヒントを僕たちに与えてくれてますので意識することが大事ですよ。

この後はやはり反応なし。これはそうだろうなぁ~と思ってましたから気にはしてません。だってフィーディングバス君ですからね。一匹狼でしょ。とくにこの池では大きいサイズになると群れていることの方が少ないので。

ということで暗くなる前にとっとと堰堤へ逃げ戻りました。やはり1人での山の中は不気味です・・・

それから堰堤をチェックしながら流れ込みまで行きましたが反応なし。ということでまたセイラミノーで流れ込みをチェックしてみました。先日とは状況が全く違うので反応はないだろうなぁ~と思っていたらギル君の反応すらありませんでした。

なぜそう思ったのかというとユスリカが水面を飛んでいなかったからです。このユスリカを狙ってギル君が反応するんですが、まったく水面をチャップンチャップンしてませんでしたからね。


本日も昨日と水位が変わりませので比較せずに画像だけ載せときますね。

IMG_1258

IMG_1261

IMG_1257

IMG_1263

IMG_1266

IMG_1267


毎日、人が入れ替わる。という感じの人的プレッシャーの高い池ですが釣れないということはないんですよ。ただ面白いことに同じポイントに同じようなルアーを投げてるんです。もしそのポイントに僕がバスとしていたなら「また同じのが来た」と思いますし無視します。

先週の木曜日にノーシンカーで釣ったけど同じポイントに同じようにノーシンカーを投げても反応を得ることができませんでした。プレッシャー?と思いたくなるかもしれませんがこれには理由があるんです。

その場にバス君がいなかったんです。これじゃ~釣れるわけありませんし理由になってませんよね。理由は状況の変化です。水が流れてなかったことによって見た目には同じカバーになってるのにバス君はいなかったんです。

こういった状況の変化を見逃さずに釣りをやっていくと人的プレッシャーなんて気にならなくなります。肌で感じれるようになるともっともっと釣れるようになると思います。僕も肌で感じたいんですけどね。

これだけは絶対に言えることですが「バスはいる」ということです。

釣れない言い訳を考えるよりも

  • バスはどこにいる?
  • バスは何を意識してる?
  • バスはどういう状態?
  • バスは腹へってる?
  • ナチュラル?
  • アピール?
  • たて?よこ?

などを考えた方がよっぽど釣れるようになりますからね。というか釣れますよ。とにかくあなたが釣りに行く時間のバス君の状態がどうなのかを考えて釣りを始めると釣り方も変わるし動かし方も変わります。そうなるとレベルもどんどんアップしていきますよ。

今日も長くなってしまいましたが最後まで読んで頂き感謝しま~す。プレッシャーを跳ね除けあなたのロッドが究極に曲がりますように

「全ての良きことが雪崩の如く起きます」

自然を肌で感じてくださいね~♪

本日の釣ったヒント

  1. シャローにバスがいない
  2. シェード
  3. 1段深い側

タックル紹介

(スピニングタックル)

ロッド:テムジン・エアリアルハイパフォーマンス(初期)

リール:フルーガー2500SLG

ライン:デュエル・メインPE0.6号 リーダーフロロ5lb

ルアー:ZBC ミートヘッド4インチ(ウォータメロンシード)ダウンショット

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存