ユニノットはメジャーすぎ?基本中の基本の結び方

スポンサーリンク
ビッグバナー

ユニノット

(MAX5つ星)

強度:★★★★

結束スピード:★★★

結束難易度:★★


ユニノットはさまざまな場面で応用できることから基本中の基本の結び方なんです。バスフィッシングであればルアーやフック、スナップなどに多く結束する方法です。そのほかの使い方としてラインとラインとの結束に使ったりダブルラインなどにも使える汎用性の高いノットです。

IMG_0227

強度的には他のノットに比べると少し不安なところもありますが、簡単に結束できるということから魅力なんですよね。しかもユニノットには大きな特徴がるんです。それが・・・

「結束強度のバラつきが少ない!」

といううれしい特典が付いてるんです。作り方が面倒なノットほど仕上がりという部分で結束強度のバラつきが多く出てしまいます。「このノットは強いぜ!」と信頼していたノットが鋭い強烈な合わせとともにラインブレイクなんてことにもなりかねません。

いくら結束力が強いからと言われているノットでも、結び方が完璧でなければ結束強度にムラが出てしまうということ。それならユニノットを1つ覚えておくことです。結束強度もそこそこありバラつきも少ないのでおすすめできるノットの1つです。

複雑なノットほど結束強度は強いかもしれませんが完璧に結束できないのであればできるまで練習ですよ。大丈夫と確信が持てるようになってから強力なノットにシフトしていいと思います。それまでの間はユニノットでOKですよ。

僕の場合はメインはダブルクリンチノットですがユニノット時代にもデカバスはかなり釣ってますので信頼のおけるノットには変わりありません。

基本中の基本のユニノットでした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存