ルアーとラインを結ぶノット重要度MAX

スポンサーリンク
ビッグバナー

IMG_0200

ルアーとラインを結ぶノット。正しくできてますか?ノットが正しくできてないとバスとのやりとりでスッポ抜けたりラインブレイクしたりとトラブルを招きます。そうならないためにもしっかりと正しいノットを学んでください。

簡単にできるノットやちょっと手の込んだノットなどいろいろありますが、あなたがやりやすいノットをみつけ使いこなして下さいね。

僕の場合はいくつかのノットを使い分けています。

ノットの種類

1:ダブルクリンチノット

IMG_0199

 ⇒ 結束方法はコチラ

2:ハングマンズノット

IMG_0194

 ⇒ 結束方法はこちら

3:パロマノット

IMG_0197


この3つをメインに使い分けています。

フィールドでラインを結び変える時に時間があるのならダブルクリンチノットで結束し、時間がないときはハングマンズノットで結束しています。

気分的にも使い分けたりもしています。

最近合わせ切れが数回ありノットの強度にも不安があったので、僕自身の引っ張る感触でダブルクリンチノット、ハングマンズノット、パロマノット強度をテストしてみました。

強度テストの結果

1:ダブルクリンチノット
2:パロマノット
3:ハングマンズノット

このような結果になりましたが、あくまでも機材等を使ったわけではなく、自分で引っぱり切れるときの感触で判断した結果です。

それではノットの結び方について各ページにてまとめましたので、是非参考にされてください。

バスをかけてもノットの強度が出ていないことによって、ノットで切れたりスッポ抜けたりと悔しい思いをしてしまいます。1バイトを確実にキャッチへつなげるためにもノットの重要性に気付いて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存